奇才ダリの美しくも生々しい神話世界へ…「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」開催。
見出し画像

奇才ダリの美しくも生々しい神話世界へ…「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」開催。

諸橋近代美術館

展覧会「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」

神話、聖書、詩篇、説話…これらは古来より私たちの生活や文化に寄り添い、信仰や教訓として時代の流れとともに継承されてきました。文学や音楽、絵画においてもまた然り。多くの芸術家は神話や物語から着想を受け、神秘と幻想の世界を作品の中に表現してきました。
20世紀を代表するスペイン出身の芸術家サルバドール・ダリ(1904-1989)もその一人です。ダリが描く神話をテーマとした作品には、伝統的な歴史画とは異なる趣向が多々見られ、美しくも生々しい世界が広がっています。
「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」では、ダリの作品を中心に、神話や物語などのテーマを扱った諸橋近代美術館のコレクションをご紹介しながら、作品に描かれた物語の原典がどのようにして語り継がれ、そして、芸術家館に着想を与えたのか、その歴史と変遷の"ヒストリア"を見ていきます。

ヒストリア企画担当学芸員(諸橋近代美術館)  斎藤まりこ

斎藤さん、展覧会「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」の企画のきっかけは?

西洋近代絵画では、羽を付けた天使や生首を持った女性など、不思議な登場人物やシチュエーションを目にすることがあります。実は神話や物語と関係していることが多いんです。私は神話が大好きなので「これはあの一節だな」と分かり、作品にのめり込むことができます。そんな自身の体験もあって、作品と一緒に、そのもとにある物語も紹介し、作品を広く深く楽しむきっかけになればと「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」を企画しました。

サルバドール・ダリ《オリンピアのゼウス像》1954年頃

斎藤さん、特にご覧いただきたい作品はありますか?

やはりこちらの漫画でも紹介したダリの《アルゴス(孔雀)》です。ルーベンスはじめ、多くの芸術家が同じテーマで作品を描いていますが、色彩や画面構成など、その多くは美しさが全面的に表現されています。一方でダリの作品では、よくよく見ると血が吹き出していたり、目玉が落ちていたりもする・・・目を縫い付けるその瞬間の生々しさが表現されていて衝撃を受けました。

サルバドール・ダリ《孔雀》1969年

上記は、ダリが制作した版画「神話」シリーズをもとにして織られたタペストリーです。単なる孔雀を描いた作品ではなく、実は上記の漫画でご覧いただいた、アルゴス退治が主題となっています。手前には殺されたアルゴスの死体が転がっており、女神ヘラの慈悲によって孔雀の羽に百目が縫い付けられた瞬間がダイナミックに表現されています。

斎藤さん、ダリ以外の作品についても教えてください!

ピカソの《戦士》も展示します。ピカソが1962年から制作した「サビニの女たちの略奪」を主題とした作品の習作の一つとされています。制作のきっかけは、ピカソが81歳の時に勃発したキューバ危機。戦争の悲惨さと残虐性、そして脅威を訴えるため、ローマ建国における伝説をもとに制作されました。ピカソは人物を単純化させることで残酷さや悲惨さを演出したと言われています。芸術家によって解釈や表現方法が異なる点も面白いですよね。

パブロ・ピカソ《戦士》1962年

展覧会「ヒストリア〜神話と物語の世界〜」

■ 会 期

2022年4月27日(水)〜7月3日(日) ‖会期中無休‖
※諸事情により会期が変更になる場合がございます。

■ 時 間
9:30〜17:00(最終入館は閉館の30分前)

■ 料 金
一般 1,300円 / 高・大生 500円 / 中学生以下無料
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のご提示でご本人様と付き添い者1名が無料になります。
※詳細はこちらから

■ 主催・会場
公益財団法人 諸橋近代美術館
住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
※詳細はこちらから

■ お問合せ
TEL:0241-37-1088(9:30〜18:00)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうない(福島弁です)。ありがとうございます!
諸橋近代美術館
福島県を代表する名山の1つ、磐梯山の麓にある美術館です。スペインの芸術家サルバドール・ダリ(1904-1989)の彫刻・絵画・版画を所蔵し、アジア最大級のダリ常設美術館です。磐梯朝日国立公園の中にあり、自然の美しさとアートをお楽しみください。