美術館の舞台裏。

9

ツンとしないで、もっと近くへ美術館・・・はじめました、モロビ全開!

「モロビ全開!」とは、美術館をより近くに感じてもらいたいという思いから、学芸員、ミュージ…

アーティストとコレクター、美術館の”密”とは?繋がりが生んだ、かけがえのない作品…

イギリスの現代芸術家PJ クルック(1945年〜)の作品は、サルバドール・ダリに次ぐ諸橋近代美…

会津の民芸品「赤べこ」から生まれた、美術館の『ひげべこ』。

スペイン出身の芸術家サルバドール・ダリの作品をメインでコレクションする当美術館では、毎年…

美術館のCafeメニューの作り方、そのいち…作品から広がるハーブティー。

どんなハーブティーかと言いますと、2019年にコレクションした新しい作品からイメージを広げた…

PJ クルックを訪ねて、イギリス・チェルトナムへ→→芸術家の自宅、アトリエを紹介し…

2018年2月、イギリスの現代アーティストPJ クルック氏(1945〜)に会うためにチェルトナムにあ…

ふで箱の中身?DIYの道具?いえいえ、学芸員の仕事道具です。

学芸員に聞いてみた〜その1〜 「どんな風に使うのか教えてください!」 「展示作業や作品…

はじめまして、福島県の山のふもとにある美術館です。『モロビ』『ダリ美術館』と呼ば…

なぜ『モロビ』? これは「諸橋近代美術館(「も」「ろ」はしきんだい「び」じゅつかん)」と…

くら〜い、くら〜い、美術館のなぞ。

美術館で作品を鑑賞しているとき「くらいな〜」と感じたことはないでしょうか?正直、もっと明…